銀行口座の凍結について

銀行口座凍結

被相続人が亡くなった事実を銀行などの金融機関が関知すると、口座が凍結されます。

これについては、

・すぐに凍結されるのか?

・いつ凍結されるのか?

・どうやって銀行は知るのか?

などのご質問を頂きます。

 

が、我々専門職にもわかりません。

時には、金融機関が関知せずにずっと凍結されていない口座も、多くあります。

凍結された口座を解約する手続き

凍結口座の解約

凍結された口座を解約するには、戸籍収集によって相続人を確定し、相続人全員の署名・押印とともに印鑑証明書を添付して行います。

金融機関所定の様式を使用するのが一般的です。

ただし、遺産分割協議書があれば、記載の手間が多く省略できることが多いです。

もちろん、遺産分割協議書をきちんと作成している場合の話です。

当事務所は口座解約から入金まで代行!

口座解約と名義変更

当事務所は忙しい相続人の方たちに代わって、口座の解約や各相続人への入金までの手続一切を代行しています。

相続人の方たちは、原則として印鑑証明書を用意して、必要書類の押印いただくだけとなります。

平日の昼間に仕事がある、家事や育児で忙しい方には、大変ご好評を頂いています。

そもそも、一般の方は戸籍収集や金融機関での手続に馴染みがないケースが多いです。

手続で膨大な時間を取られるくらいなら、プロを活用したほうが安心ですし、生活を乱されることがありません。