要介護認定を受けている方の遺言作成はできますか?

と、ご相談を頂く機会があります。

世間一般の認識として、

要介護=判断能力が低下

というイメージがあるのかもしれません。

しかし、要介護といっても、身体的介護度が重いのか、認知症等なのかで全く状況は異なります。

身体的介護度が重くても判断能力がしっかりしている方は、多いものです。

当然、遺言作成はできます。

また、認知症であっても、遺言能力があれば遺言書作成は可能です。

認知症だからといって、全ての判断能力が低下しているわけではないからです。

ただし、判断能力が低下した状態で作成した遺言書は、後で利害関係人から無効を主張される恐れがあります。

公正証書等で慎重に作成する必要があるでしょう。