贈与税額控除は、相続又は遺贈により財産を取得した者が、被相続人から、その相続開始前3年以内に贈与により取得した財産がある場合には、その贈与により取得した財産について課された贈与税額を、その者の算出税額から控除することです。

つまり、相続税と贈与税が二重に課税されないようにしている措置です。

なお、相続開始年の贈与については、贈与税の対象とはならず、相続税で課税されます。

受贈者が相続等で財産を取得しない場合は、贈与税が課税されます。