CATEGORY

遺産相続Q&A

Q 資産を増やして相続させたいのですが?

資産運用のご相談です。 当事務所はFP事務所も兼ねていますが、確実な運用としては国債などの債権、外貨投資(為替リスクはありますが、元本保証の運用商品はあります)等です。 投資信託等でも長年運用することで、利率数%~10%くらいの運用益を上げている物が […]

Q 表見相続人とは何ですか?

表見相続人とは、相続人ではないのに誤って相続人として戸籍に記載されていたり、被相続人に対して侮辱や虐待があって相続廃除された者をいいます。 表見相続人には相続権はありませんので、遺産分割協議等への参加は不要です。 金融機関の手続においては、相続廃除等 […]

Q 遺産分割協議が終了していないのに、協議書を偽造されました

まだ遺産分割協議が終了していないのに、相続人の1人が遺産分割協議書を偽造して何らかの手続をしてしまったケースです。 この場合、相続回復請求権を行使して相続財産を取り戻すことになります。 偽造した相続人は私文書偽造にあたり、告訴する方法もあります。 な […]

Q 勝手に遺言書を開封した相続人がいますが

公正証書以外の遺言は、相続開始後に家庭裁判所で検認手続を経ないといけません。 遺言書が封筒に入っている場合は、開封も家庭裁判所で行います。 ただし、勝手に遺言が開封されても効果に影響があるわけではなく、それによって手続がされても無効にはなりません(現 […]

Q 胎児には代襲相続権はありますか?

胎児については、相続については既に生まれたものとみなされ、子と同様の扱いを受けます。 法は被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、相続欠格や相続廃除によって相続権を失ったときは、その子が代襲すると定めています。 ですから、当然に胎児にも代襲相続 […]

Q 特別受益になる財産を教えてください

特別受益は、被相続人から生前贈与や遺贈を受けた場合をいいます。 特別受益となる財産としては、 婚姻・養子縁組のための贈与 生計資本としての贈与 死亡退職金と生命保険等 が代表的です。 1については、持参金などが該当しますが、結納金や挙式費用は該当しま […]

Q 知らないうちに相続が開始して借金の返済を迫られています

遠方の身内が亡くなり、生前から疎遠な場合など、死亡の事実すら知らされていないケースが増えています。 亡くなった後、誰に連絡するかが明確でなかったり、身内がいるのはわかっていても連絡先がわからなかったりすると、周囲も連絡しようがありません。 また、家族 […]

Q 遺留分を請求する旨の内容証明書が届きました

遺留分減殺請求は、内容証明書を相手方に送付することによって行うのが一般的です。 内容証明書には特に法的効力はありませんので、それほど気にする必要はありません。 ただ、弁護士名が記載された内容証明が自宅に届くと、多くの方は焦るものです。 真に遺留分を侵 […]

Q 相続放棄せずに、相続を辞退したいのですが?

相続放棄の手続は、家庭裁判所に請求して行います。 そのため、相続分を受け取らない者にとっては手間ですし、多少なりとも費用がかかります。 平日は仕事が忙しい、体が不自由などで家庭裁判所に行くことすら大変な方もいらっしゃるでしょう。   放棄以 […]

>相続手続一式丸ごとお任せください!

相続手続一式丸ごとお任せください!

いざ相続が発生すると、役所に行って戸籍集めや各種手続に追われます。お仕事や家事を抱えてだと、大変でしょう。当事務所はなるべく依頼者のご負担にならないようにサポートしています。

CTR IMG