「事業承継の方法」の記事一覧

同族内承継と第三者への承継

事業承継の方法

事業承継には、大きく分けて同族内承継と第三者への承継があります。 日本に中小企業の約95%が同族経営ですので、同族内承継が多い傾向があります。   しかし、近年は、第三者への承継が増加しており、約40%を占めて […]

同族内承継の流れ

事業承継の方法

同族内で事業承継を行う流れは、 ①後継者候補の選定 ②後継者候補の育成 ③会社資産の承継 という流れになります。   ①後継者候補の選定 子どもなど、同族内で承継させる場合には、早くから候補者を選定する必要があ […]

②後継者候補の育成

事業承継の方法

後継者候補が決まったら、後継者としての教育を行います。 社内教育と社会教育の2つに分けて考えます。   社内教育については、 ①社内の各事業部門の業務を経験させる ②社長の秘書にして、経営者の業務を指導する ③ […]

③会社資産の承継

事業承継の方法

後継者に会社資産を承継させる場合には、権限を集中させるために、株主総会の特別決議を可決できる3分の2以上の議決権を持つ株式を承継させるのがポイントです。 ただし、他の相続人には遺留分がありますので、配慮が必要です。 遺留 […]

M&Aという手法もある

事業承継の方法

M&Aは、企業の合併と買収を意味します。 後継者が見つからない、育成できない中小企業が増えていることから、近年は増加傾向です。   ただ、M&Aは会社の価値を金銭評価して売却しますので、仲介業者や税理士、弁護士 […]

会社の全部を譲渡するM&A

事業承継の方法

会社の全部を譲渡するM&Aには、 ①合併 ②株式交換 ③株式売却 の方法があります。   ①合併 2つ以上の会社が合併して、1つの会社になります。 吸収合併と新設合併があります。 吸収合併は、合併により1つの会 […]

会社の一部を譲渡するM&A

事業承継の方法

会社の一部を譲渡する方法には、 ①会社分割と②事業の一部譲渡があります。   ①会社分割 会社分割は、文字通り、会社を2つ以上に分けることです。 吸収分割と新設分割があります。 吸収分割は、事業部門の一部を他の […]

ページの先頭へ