CATEGORY

遺言が必要な典型的ケース

遺言を遺したほうがいいケース

財産がなく、身寄りもほとんどない。 相続人も配偶者だけといったケースでは、争いが起こる可能性が低いため、遺言の必要性は低いかもしれません。 遺言以外のエンディングノートなどで意思表示は残したほうがいいとは思いますが、少なくとも法的形式が整った書面にす […]

内縁の妻や夫がいるケース

最近では内縁関係であっても、ほぼ夫婦と同様に扱われます。 が、相続については、法律上の婚姻関係がないと相続権は認められません。 ですから、持家で内縁の妻と同居しているケースなどでは、自分が死んだ時に内縁の妻が自宅を出ていかなければならないケースが出て […]

介護してくれた人などに遺言で意思を示しておく

故人が無くなる前に、献身的に介護していた者がいる場合は、遺言を書いておくほうが良いケースです。 たとえ相続人であったも、法定相続分通りであれば、全く介護に関わらずに疎遠であった他の相続人と同じ持分になることがあり得ます。 別に、介護者は相続目当てでは […]

相続人が誰もいない場合

相続人が誰もいない場合は、家庭裁判所が選任した相続財産管理人が債権・債務の清算を行います。 清算手続きが終了したら、遺産は原則として国庫に帰属します。 国に遺産を全て与える形になります。 日本の将来のために大切に使用してほしいとの願いがあれば別ですが […]

先妻の子供と後妻の争い

再婚していて、先妻との間に子供がいるケースは、特に争いがよく起きています。 先妻の子と後妻は共に相続人となりますが、過去の感情のしこりからか、なかなか遺産分割に合意できませんし、そもそも険悪な仲であることがあります。 稀に非常に仲が良く、上手くいって […]

事業を承継させたい場合

誰かに事業を承継させたい場合にも、遺言などの生前対策が必要です。 相続が開始して株式が分割されると会社の経営が乱れますし、事業に使用する土地や建物が分割の対象になると事業継続が不可能になります。 また、特許や商標権なども適切に承継させなければ、事業に […]

>相続手続一式丸ごとお任せください!

相続手続一式丸ごとお任せください!

いざ相続が発生すると、役所に行って戸籍集めや各種手続に追われます。お仕事や家事を抱えてだと、大変でしょう。当事務所はなるべく依頼者のご負担にならないようにサポートしています。

CTR IMG