「任意後見と関連する制度」の記事一覧

死後の事務委任契約

任意後見と関連する制度

前述していますが、後見人は被後見人が生存中に業務を行います。 被後見人が死亡した場合は、後見契約は終了しますので、死後の事務処理をする権限はありません。 そのため、自分の死後、例えば葬儀などの手配を依頼したい場合などには […]

財産管理委任契約

任意後見と関連する制度

文字通り、財産の管理を委任する契約内容です。 任意後見開始前から、財産管理を委任しておくと、後見が開始してもスムーズに移行できます。 判断能力は充分にあるけれども、銀行などの手続に行くのが体調の影響で大変な方や、信頼して […]

見守り契約

任意後見と関連する制度

見守り契約は、文字通り、本人の状況を定期的にうかがい、生活に支障がないかどうかを確認し、見守る契約です。 委任契約になりますので、内容は当事者同士が自由に決めます。 例えば、安否確認、法的相談、福祉相談、生活相談などを含 […]

日常生活自立支援事業

任意後見と関連する制度

社会福祉協議会が、判断能力が不十分になってきた高齢者や知的障害者等の現金や不動産の権利証等の管理を行ってくれる事業です。 ただし、このサービスを利用するためには、社会福祉協議会と契約を締結しなければいけないため、利用者に […]

後見制度支援信託

任意後見と関連する制度

後見制度支援信託とは、日常の金銭は後見人が管理し、それ以外の金銭は信託銀行等が管理する信託方法です。 任意後見や法定後見の保佐・補助では使えず、後見と未成年後見のみで利用できます。   被後見人の財産が大きい場 […]

ページの先頭へ