信託の方法

信託を行う方法として、以下の3つの方法があります。

結論から先に申し上げますと、重要な財産処分であり、受益者の利益を守る信託の趣旨からは、書面で、しかも公正証書で作成するべきでしょう。

信託3つの方法

・信託契約による方法

信託を行う委託者と受託者が合意して、締結します。

上記合意は口頭でも有効に成立しますが、信託の趣旨や何かの際に立証が困難ですので、口頭ではなく書面にするべきでしょう。

・遺言による方法

いわゆる、遺言信託です。

遺言書の中で、信託行為を定める方法です。

遺言の効力が発生すると同時に、信託が開始されます。

・信託宣言による方法

委託者と受託者が同一となる場合には、信託宣言を行います。

上記の場合は契約が行えませんので、単独で宣言することなります。

この信託宣言は、公正証書によって作成するか、公証人の認証を受けた書面又は電磁的記録によって作成するか、確定日付のある証書で受益者に通知しなければ成立しません。