個別のページを修正して対応しようと考えておりましたが、約40年ぶりの大幅改正です。

別にカテゴリーを作成して、個別に改正ページを追加していこうと思います。

 

平成25年頃から改正議論が続いていましたが、平成30年、ようやく改正法が成立しました。

法の施行については、平成31年、32年と段階的に始められています。

ただし、来月7月1日からの施行が原則です。

 

主な改正は、

  1. 自筆証書遺言の一部自筆以外記述を認めた
  2. 配偶者居住権の創設
  3. 相続開始後の預貯金仮払い
  4. 遺言保管制度の創設
  5. 相続人以外の親族請求権の創設
  6. 遺留分減殺請求権の見直し

等になります。

 

個別の制度説明については、順次カテゴリーに投稿していきます。

また、サイト内記事の各ページについても、修正及び追加記載を行います。

 

相続対策に関心が高まっていますので、法改正を機に何か家族で話し合われるのも1つかと思います。

 

相続民法改正