Q 認知症でも遺言を書けますか

認知症であっても、判断能力が残存しているならば、遺言を書けます。

ただし、後から遺言が無効であるなどとトラブルになる可能性があります。

公正証書遺言の作成を検討されたほうがよいでしょう。

まずは公証人にご相談され、判断能力の見極めについて意見を求めてください。

私の経験では、医師の診断書または意見書を基に、遺言能力を判断することが多いように思います。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>相続手続一式丸ごとお任せください!

相続手続一式丸ごとお任せください!

いざ相続が発生すると、役所に行って戸籍集めや各種手続に追われます。お仕事や家事を抱えてだと、大変でしょう。当事務所はなるべく依頼者のご負担にならないようにサポートしています。

CTR IMG