Q 知り合いが認知症になり、介護サービスを使うにも契約ができません

既に判断能力が低下して契約ができない場合は、成年後見制度を利用して後見人を付ける必要があります。

2000年の介護保険制度が導入された際に、福祉サービス利用は、利用者と事業者が対等な契約を結んで行うこととなりました。

判断能力が低下した方が、事業者と対等な契約を結ぶことはできません。

親族などが家庭裁判所に申立を行うべきですが、誰もいない場合は、市町村も行えます。

まずは、お近くの地域包括支援センターや役所に相談に行ってください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>相続手続一式丸ごとお任せください!

相続手続一式丸ごとお任せください!

いざ相続が発生すると、役所に行って戸籍集めや各種手続に追われます。お仕事や家事を抱えてだと、大変でしょう。当事務所はなるべく依頼者のご負担にならないようにサポートしています。

CTR IMG