Q  任意後見人には取消権がないと聞きましたが

任意後見人は、契約時に定めた内容について代理権が与えられています。

しかし、質問のとおり、取消権がありません。

取消権がなければ困る場合に、本人が悪質商法などの消費者被害に遭っている場合があります。

悪質商法の被害にあった本人に代わって、契約を取り消せないのです。

任意後見人は、もし自分の与えられた範囲の代理権では業務遂行が困難と判断した場合には、法定後見制度を申し立てて、法定後見に切り替えることができます。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>相続手続一式丸ごとお任せください!

相続手続一式丸ごとお任せください!

いざ相続が発生すると、役所に行って戸籍集めや各種手続に追われます。お仕事や家事を抱えてだと、大変でしょう。当事務所はなるべく依頼者のご負担にならないようにサポートしています。

CTR IMG