Q 前に書いた遺言を取り消したいのですが

遺言は、後に書いたものの効力が認められます。

先に書いた遺言と、内容の異なる遺言を作成した場合には、後に書いた内容が適用となりますので、新たに遺言を書くとよいでしょう。

公正証書遺言を作成している場合でも、同様です。

もう一度、公正証書遺言を作成してもよいですが、自筆証書遺言を作成することで、先に作った公正証書遺言の内容を取り消せます。

ただし、法的に有効であるか、作成後の保管方法には注意してください。

作成した遺言が無効であると意味がありませんし、後に遺言を書いており、どこに保管されているのかを周囲が知らなければ、先の遺言で遺産分割が行われる可能性があります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>相続手続一式丸ごとお任せください!

相続手続一式丸ごとお任せください!

いざ相続が発生すると、役所に行って戸籍集めや各種手続に追われます。お仕事や家事を抱えてだと、大変でしょう。当事務所はなるべく依頼者のご負担にならないようにサポートしています。

CTR IMG