Q 信託を使うと、将来裁判で負けるかもしれないと聞きました?

平成18年に新しい信託制度が施行され、まだそれほど家族信託は活用されていません。

皆が関心を持っているが、どう使ったらいいのか、各専門職が作成するオリジナリティある信託契約が将来的に有効かどうかの結論が、出ていない状況です。

つまり、新しい制度ですので裁判例が少ないのです。

判例が確立していない信託契約については、何か問題が起こった際には裁判で解決することになります。

したがって、表題のご質問は、まだ判例が確立していないという意味でしょう。

ただし、信託法の趣旨に対応した信託契約が、そうそう訴訟で否定されるわけではありません

適法で、公序良俗に反しない信託契約であれば、裁判所も概ね認めてくれるでしょう

必要以上に恐れて、制度の利用を躊躇うよりも、自身や家族にとってより良い信託制度の活用を目指すべきでしょう。