西神戸相続遺言相談センター

相続手続・遺産分割協議書・遺言書・家族信託を全てサポート!

「不動産登記」の記事一覧

自分の所有だと思っていた不動産が、他人の登記であった場合

田舎の先祖代々受け継がれてきた土地などの不動産に多いのですが、自分の不動産だと思って固定資産税なども支払ってきたが実は他人の登記名義であるケースです。 つまり、相続などの事情が起こっても登記をせずにいるパターンです。 集落の方たちも真の所有者は誰かがわかっている場合もありますが、それでも登記されていない以上は、所有権を第三者に対抗できないのが原則です。 下手をすれば、明治時代から登記を全くしておらず、どの遺産相続手続から手をつけるのか周囲が途方に暮れるケースがあります。 戸籍を集め、現在の相続人を見つけるだけでも、大変です。 田舎に土地などをお持ち、田舎の土地を相続した方などは、ご注意ください。

相続手続のため、役所巡り

先日、現在受任している相続手続案件で神戸の区役所、明石、加古川、高砂と手続を行ってきました。 普段は郵送でできる分は郵送で行うのですが、依頼者宅を訪問するなどの予定があり、車で走りました。 最近感じるのは、非常に役所の方が丁寧な応対をしてくれることです。 市民課に行くと必ず人が立っていて、声をかけてくれます。 必要な手続を伝えると申請書の書き方まで教えてくれます。 行政手続がやりやすくなりました。

Q 不動産登記を長い間していませんが、問題ありませんか?

相続開始後、不動産の名義を被相続人のままにしていたり、共有で所有している土地などで価値が低い場合は、登記費用等のほうが高くなることもありますので放っておいている方も多いでしょう。 本来ならば、相続が開始したら所有権は相続人に移っていますので、登記を行うべきです。 相続人全員での共有登記については、相続人の一人が単独で登記を行うこともできますし、遺言執行者も遺言書があればできます。 もちろん、遺産分割協議書を作成して、登記に臨む方法も一般的です。