京都地裁であった判決です。 成年後見人が長年に亘って財産管理をしていましたが、その間に、被後見人の財産が使い込んでいたケースです。 判決では家事審判官の責任を認めて、国に賠償命令を下しました。 今後は、後見業務の事務報告 […]