遺言者が、遺言後に財産を処分した場合など、遺言と抵触する行為を行った場合は、その抵触する部分の遺言が無効になります。 したがって、遺言で○○銀行の預貯金1000万円を相続させると書いていても、実際には遺言者が生前に消費し […]