TAG

検認

Q 勝手に遺言書を開封した相続人がいますが

公正証書以外の遺言は、相続開始後に家庭裁判所で検認手続を経ないといけません。 遺言書が封筒に入っている場合は、開封も家庭裁判所で行います。 ただし、勝手に遺言が開封されても効果に影響があるわけではなく、それによって手続がされても無効にはなりません(現 […]

家庭裁判所の検認手続について

相続開始後に、遺言書の保管または発見した相続人は、その遺言書を家庭裁判所に提出して検認を受ける必要があります。 遺言書が法定の要件を満たしているかどうかの確認を受けるだけで、遺言の有効・無効の判断を家庭裁判所がするわけではありません。   […]

遺言書の検認をしていないケースも多い

公正証書遺言以外は、相続開始後に遺言書の検認手続が必要です。 しかし、相続人のうち誰も知っているものがいない場合は、検認手続は忘れられがちです。 誰か一人でも専門家に相談すればアドバイスを受けられますが、何ら紛争性がない場合には相続人間で協議が成立し […]

>相続手続一式丸ごとお任せください!

相続手続一式丸ごとお任せください!

いざ相続が発生すると、役所に行って戸籍集めや各種手続に追われます。お仕事や家事を抱えてだと、大変でしょう。当事務所はなるべく依頼者のご負担にならないようにサポートしています。

CTR IMG