TAG

民事信託

Q 専門職の方に信託を監督してほしいのですが?

現在(2018年)の法では、民事信託の受託者を、専門職が引き受けることはできません。 業として行うには、監督官庁の免許が必要です。 信託銀行等しかクリアできない、厳しい基準だからです。 そのため、行政書士や司法書士等の専門職が関与するとすれば、信託監 […]

Q 信託できる財産はどのようなものですか?

信託できる財産は、金銭的価値のあるものです。 現金や不動産、株式などの有価証券、債権などが該当します。 他に、自動車や骨とう品などの動産も、信託できます。 反対に、借金など債務は信託できません。 ただし、抵当権付きで返済義務のある不動産を引き受けるな […]

家族信託は便利だが、生活面での見守りはありません

テレビなどで報道されたせいか、家族信託が脚光を浴びています。 まだ元気なうちに不動産などの管理を任せて認知症などになっても財産処分ができる、所有権を移転させているので遺産相続争い防止機能がある、孫などに財産を与えたい場合などに、便利です。 我々法律家 […]

Q 後見人に信託の受託者も引き受けてもらえますか?

委託者に信託を使う判断能力がある状態でしょうから、任意後見と信託の併用をお考えなのでしょう。 信託は後見制度の弱点を補完すると言われています。 例えば、後見制度は財産の積極的運用を否定しており、原則として後見人は財産の保全しかできません。 信託を使え […]

生前贈与、相続対策が盛り上がっています。

最近、テレビなどで家族信託が取り上げられています。 終活も相変わらずブームですから、人々の関心が生前対策にも及ぶようになってきました。 当事務所の受任業務の約8割は相続開始後の手続です。 しかし、徐々にですが、生前対策のご相談やご依頼が増えています。 […]

>相続手続一式丸ごとお任せください!

相続手続一式丸ごとお任せください!

いざ相続が発生すると、役所に行って戸籍集めや各種手続に追われます。お仕事や家事を抱えてだと、大変でしょう。当事務所はなるべく依頼者のご負担にならないようにサポートしています。

CTR IMG