まず、前提としてどちらも相続関係を説明する書面です。 被相続人を起点にして、配偶者や相続人の存在、生存、生年月日、住所や本籍を記載する書面です。 法務局で不動産登記を行う際には、相続関係を説明する書面も必要となります。 […]