「相続手続」タグの記事一覧

後期高齢者1770万人

ブログ

総務省の発表によれば、75歳以上の後期高齢者は1770万人で、高齢者全体の半数を超えているとのことです。 段階の世代が続々と後期高齢者になっていくため、今後はますます増加していきます。 元気な高齢者が増え、寿命も長くなり […]

2018年の年始営業のお知らせ

ブログ

明けましておめでとうございます。 旧年中は、多くの方々に大変お世話になりました。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 本日、1月5日より、当事務所は今年の営業を開始しています。 高齢化・核家族化の進行で、今後ますます […]

実現可能性のない遺言書

ブログ

実現が不可能な内容を記載した遺言も、作成は自由です。 しかし、せっかく書いても実現できないのですから、あまり意味がありません。 というのも、最近相続手続の場面で実現不可能な遺言書をいくつか見る機会がありました。 故人の想 […]

相続手続のため、役所巡り

ブログ

先日、現在受任している相続手続案件で神戸の区役所、明石、加古川、高砂と手続を行ってきました。 普段は郵送でできる分は郵送で行うのですが、依頼者宅を訪問するなどの予定があり、車で走りました。 最近感じるのは、非常に役所の方 […]

5月から法定相続情報証明制度が開始

ブログ

昨年来から実施が予想された法定相続情報証明制度が、5月下旬からスタートする見通しです。 この制度は相続人の負担を軽減するため、相続関係の戸籍を一度集めて法務局に提出すると、以降は法務局が証明書を発行してくれて、その証明書 […]

不動産の相続登記について

ブログ

当事務所は行政書士事務所のため、相続財産に不動産がある場合、登記の部分は司法書士に依頼しています。 登記については司法書士の独占業務、税務申告については税理士の独占と、士業の業務は法律で定められています。 ただし、一般の […]

預貯金の扱いが変わりました

ブログ

最高裁の判例で、預貯金は遺産分割の対象になる旨の判断が下されました。 それを受けて、相続人個別持ち分の払い戻し請求は通らなくなっています。 最近は個々の払い戻しが認められるようになっていたので、実務が180度変わった例に […]

金融機関の対応

ブログ

裁判所の出した判例によって金融機関の対応は変化します。 以前は預貯金等は相続開始後は各相続人に帰属するとされ、金融機関は各人が請求するとその人の分のみを払い戻してくれるようになっていました。 しかし最近、預貯金等が遺産分 […]

ページの先頭へ