TAG

相続税

Q 相続税の申告期限に間に合いそうにありません

相続税の申告については、提携している税理士の先生にお願いしています。 ですから、詳細についてお話できません。 しかし、10か月の申告期限を過ぎると延滞になりますし、配偶者特例や小規模宅地の特例等、大きな控除を受けられなくなる可能性があります。 そのた […]

Q 小規模宅地の特例とは何ですか?

自宅などを相続した際に、多額の相続税のために自宅や事業用資産を売却しなくてもよいようにと定められている、宅地の評価減の特例です。 つまりは、最小限の自宅の確保や事業継続のための特例です。   具体的には、相続または遺贈により取得した、被相続 […]

物納できる財産の範囲と物納できない財産

相続税で物納できる財産の範囲は、 国債、地方債 不動産、船舶 社債、株式、証券投資信託、貸付信託の受益証券 動産 などがあります。   反対に、物納できない財産は、 質権・抵当権等の目的となっている財産 所有権の帰属について係争中の財産 共 […]

Q 相続税は物納できると聞きましたが

相続税は金銭一括納付が原則です。 しかし、相続した財産の大部分が不動産である場合などは、金銭納付が困難なケースもありますので、物納が認められています。 物納ができる要件は、 相続税の延納によっても納付が困難で、納付困難な金額を限度に認められる 相続税 […]

相続税の延納

相続税は金銭での一括納付が原則です。 ただし、一括納付できない場合には、延納が認められます。   延納するための要件は、 納付困難の事由があること 納付すべき相続税額が10万円を超えること 担保を提供すること(例外あり) 相続税申告書の提出 […]

非課税財産について

課税されない財産としては墓地の購入、仏壇、仏具、香典などが代表的です。 節税のために、生前に墓地を購入しておく方もけっこういらっしゃいますね。   また、生命保険金の非課税枠も、500万円×法定相続人の数まで使えます。 同様に、退職手当金に […]

相続税のかかる財産

相続税がかかる方は全体の数%くらいですので、ほとんどの方は何らかの特例などを利用すれば課税されません。 しかし、平成27年から基礎控除額が3000万+600万×法定相続人の数に引き下げられましたので、気にされている方は多いようです。   相 […]

相続と養子縁組

養子縁組をすると、法定相続分の割合や相続税の基礎控除・税率が変わってきます。 例えば、養子は実子と同様に法定相続分や遺留分を持ちますので、お世話になった法定相続分のない子の配偶者などを養子にするケースは一般的です。 子が1人増えると、法定相続人×60 […]

遺産分割協議がまとまらないと特例が受けられない場合も

遺産分割協議をいつまでに行わなければならないという期限はありませんが、相続税の申告期限は、相続開始後10か月以内です。 10か月といえば長いようにも思えますが、相続税の納税対象になる富裕層の資産を明らかにして評価し、遺産分割協議をまとめるのは、かなり […]

>相続手続一式丸ごとお任せください!

相続手続一式丸ごとお任せください!

いざ相続が発生すると、役所に行って戸籍集めや各種手続に追われます。お仕事や家事を抱えてだと、大変でしょう。当事務所はなるべく依頼者のご負担にならないようにサポートしています。

CTR IMG