「贈与」タグの記事一覧

2018年の年始営業のお知らせ

ブログ

明けましておめでとうございます。 旧年中は、多くの方々に大変お世話になりました。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 本日、1月5日より、当事務所は今年の営業を開始しています。 高齢化・核家族化の進行で、今後ますます […]

贈与税の申告と納付の基礎

ブログ

贈与税は、毎年1月1日から12月31日までの間に、贈与を受けた財産額の合計額が110万円を超える場合、または贈与により取得した財産について相続時精算課税制度の適用を受ける場合に申告が必要です。 申告書の提出期限は、贈与を […]

贈与税の非課税財産

ブログ

贈与税の非課税財産は、 日常生活上必要な範囲内 社会通念上相当と認められる範囲 です。 以下のような例があります。 ①扶養義務者から生活費や教育費として贈与を受けた財産 ②香典、見舞金、結婚祝い金 ③法人からの贈与により […]

Q 負担付贈与とは何ですか?

遺産相続Q&A

財産と債務を同時に贈与する、一定の給付義務を負わせる贈与のことです。 例えば、不動産を贈与するので、借金を負担させるなどがそうです。 課税については、贈与財産から負担額を差し引き引いたものが対象になります。 宅地の負担付 […]

債務控除できるもの

ブログ

相続や贈与によって取得した財産から、一定の債務や葬儀費用などを差し引けます。 これを、債務控除といいます。 債務控除ができるものとしては、 借入金、未払金 被相続人が大家であった場合の預かり敷金(返還必要) 未払いの医療 […]

遺贈と贈与の違い

ブログ

遺贈も贈与も、自己の財産を特定の人に与えるので似ているのですが、法的には異なります。 遺贈は遺言者の一方的意思表示で行うもので、効力は遺言者の死後に生じます。 これに対し、贈与は贈与者と受贈者の契約で成立し贈与者の生前に […]

生前贈与は契約書を作成する

ブログ

生前贈与については、贈与契約書を作成しておくほうがいいです。 民法は口約束でも贈与が成立するとしていますが、書面がなければ、贈与が履行されたかどうかがあいまいになる可能性があります。 当事者双方が生存していればまだいいで […]

ページの先頭へ