5月に報道があった、神戸のNPO法人が家庭裁判所の選任を受けた補助案件で、被補助人が亡くなった後に遺産を受領した事件です。 法人側は遺言に基づいて適法に処理をしたと主張し、監督する側の家庭裁判所も問題がないと主張していま […]