「遺言執行者」タグの記事一覧

正月に話し合って、遺言を作りたい

ブログ

もう間もなく、正月です。 年末年始は子供が孫を連れて帰ってくるので、その際に皆で相談して遺言を作りたいというご相談が、ちらほらとあります。 遺言は作っただけでは意味がなく、内容を実現する人が必要で、自分亡き後に発見されな […]

遺言執行者の復任権について

ブログ

遺言を作成する際に、遺言執行者を選任することは多いです。 せっかく遺言を作っても、内容が実現されないと意味がないからです。   ただし、例えば親族などが遺言執行者になった場合に、親族も法的手続に長けていないこと […]

遺産の管理

ブログ

相続が開始して、各相続人が単純承認すると、遺産は共同相続人の共有となるのが原則です。 そのため、遺産の保存、利用、改良行為については共同で行います。   共同相続人全員で合意すれば、家庭裁判所に相続財産管理人の […]

遺言執行者の役割

ブログ

遺言執行者の仕事は、遺言に基いて財産処分や不動産等の名義変更を行っていくことです。 手続きが複雑で難しいために行政書士や弁護士などの専門家が就任するケースが多いですが、親族などでもできます。 特に専門家である必要はありま […]

Q 遺言執行者の欠格事由は

遺産相続Q&A

就任している遺言執行者が破産した場合は、直ちに遺言執行者の地位を失います。 未成年者も、遺言執行者にはなれません。 ただし、未成年者が婚姻した場合は、成年者とみなされますので、遺言執行者になることができます。 では、未成 […]

Q 遺言執行者が死亡しました

遺言・後見Q&A

遺言執行者が死亡した場合は、遺言執行者の地位は承継されません。 遺言執行者の地位は、一身専属的なものであり、相続の対象とならないからです。 ただし、遺言執行者が既に具体的業務を行っていた場合には、それについて報酬請求権が […]

Q 遺言執行者を解任できますか

遺産相続Q&A

相続人や利害関係人であれば、遺言執行者の解任を家庭裁判所に請求できます。 ただし、漠然とした理由ではできず、任務の懈怠がある場合や、遺言執行者に悪意があり遺言内容を実現しない可能性があるなどの正当な理由が必要です。 家庭 […]

ページの先頭へ