西神戸相続遺言相談センター

相続手続・遺産分割協議書・遺言書・家族信託を全てサポート!

「遺言」の記事一覧

おひとりさまの相続相談

最近、身寄りのない方や独居の方からの相続や死後事務についてのご相談が多くなっています。 全く身寄りがないというよりは、自身の親類が、甥や姪、孫といったケースが多いです。 何かの際に頼り難い、頼れないといった事情があります。 相続という遺産処分よりも、緊急時の身元保証や死後事務でお悩みの傾向です。 当事務所は死後事務や成年後見で身寄りのない方を支援しています。 NPO法人や福祉事業者とも連携しておりますので、生前から死後手続一切をサポート可能です。

加古川で遺言作成相談

以前、当事務所主催の相続遺言セミナーにご参加してくださった行政の方からのご縁で、加古川市でミニ遺言作成相談会を催しました。 自分の財産を譲りたい人がおり相続人には渡したくない、身寄りがなく独居なので誰も手続をしてくれる人がいない等、お悩みを持った80代の方々がお越しくださり、大変ありがたかったです。 ご相談者のお体の事情から、早期に公正証書遺言を作成したほうがよいとの判断となり、準備中です。 今回はまだ判断能力が十分にある内にご相談頂いたために間に合いましたが、80代の4~5人に1人は認知症状が出る時代です。 いざという時に間に合わない事態を避けるため、早期に動かれることをお勧めしています。

加東市・加西市・三木市と相続対策行脚

相続税の基礎控除引き下げにより、生前相続対策が脚光を浴びています。 先日も、三木市・加東市・加西市の方から相続対策のご相談があり、遺言書等の作成をすることになりました。 遺言は自分でも書けますが、やはり実現してくれる遺言執行人が必要です。 身内に任せると争いが起きるため、当方が受任しました。 いざという時は、粛々と手続を進めるつもりです。

遺言書の付言は、故人の「想い」

当事務所は遺言書の付言を上手くつかう方法を推奨しています。 法的効力はありませんが、争いを防ぐ機能は十分にあると考えているからです。 故人の「想い」が付言に込められていると、争いが起こりそうなケースでも、相続人たちが納得する形で終わることがあります。 言葉の力は、すごいなと思う瞬間です。 実生活でも、一言余計だと思うこと、一言足りないばかりに喧嘩になることがあると思います。 付言が一言あるだけで上手く行くのなら、入れたほうがよいでしょう。 もちろん、全てのケースで有効ではありません。

神戸市須磨区で成年後見と終活セミナー

先週は、神戸市須磨区の社会福祉法人様で、成年後見と終活セミナーを行いました。 職員研修だったのですが、半数以上が障害者の親御さんでした。 我が子のために成年後見制度を検討したいが、使うメリットやデメリットを知りたいとのご質問が多かったです。 親御さんが元気なうちは、必要性がなかなか感じられないものです。 何かあってからでは遅いので、早めの準備が必要なのですが。

福祉施設で職員研修

知的障害者福祉で有名な社会福祉法人様から、成年後見をメインにした終活セミナーのご依頼を頂きました。 法人の管理職の方々が対象です。 福祉職員は、子供の養育でお悩みの親御さんからさまざまなご相談をお受けするものです。 中でも、親なき後問題である成年後見や終活については、ある程度知識がなければ適切なアドバイスもできません。 そのために勉強したいとのことでした。 私も施設で勤務していた頃がありますので、お役に立てるように努めたいと思っています。

遺留分放棄は強制できない

先日行った相談会の中で、遺留分放棄のご相談がありました。 生前に子供たちに遺留分放棄させたい旨の意思をお持ちだったのですが、子供たちが従うとは思えないとのこと。 遺留分放棄は生前に家庭裁判所に申立てて手続を行いますが、真に本人の意思で行う必要があり、強制はできません。 相続開始後、もめる筆頭が遺留分ですので相談者のお気持ちはわかるのですが、法の定めは変えられません。 他の、いくつかの相続対策をお話しました。

遺言相談が多くなっています

年明けから、遺言に関するご相談が多くなっています。 年末年始で家族が集まり、何か思うところがあったのでしょう。 自分の体が不自由になった場合などに、身元保証人になってくれる人がいないと仰られる方もいます。 高齢化社会ですので、遺言や相続だけでなく、さまざまな問題を抱えているものです。 当事務所は日々、依頼者様の終活が上手くいくように尽力しております。

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。 当事務所は平成29年の通常営業を本日1月6日より開始しています。 年末年始で家族が集まり、遺言や相続について相談される方は多いものです。 また、認知症になった家族のために成年後見制度の利用を考える契機になることもあります。 いろいろな家族の悩みを、よろしければご相談ください。 今年もご依頼者のために精一杯活動していきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

西宮に出張遺言相談

昨日は、西宮の方からのご依頼で、遺言作成の出張相談に行きました。 最近、西宮や尼崎といった阪神間からのご相談が多くなっています。 また、高齢で自宅から外出するのが困難であったり、病院や介護施設に入居中であったりと、法律専門職や公証役場に相談に行けない方が増えています。 当事務所は出張相談を数多くお受けしておりますので、お気軽にご相談ください。