相続開始後、戸籍等を収集しても相続人の存在が不明である場合は、相続財産管理人が選任されます。

相続財産管理人が選任され、その公告後2カ月経過後に、なお相続人が不明であれば、相続人捜索公告を家庭裁判所に請求できます。

この手続は、相続財産管理人選任の公告がされても、誰も相続人が名乗り出ていない場合に行われます。

2カ月以上の期間を定めて、相続人に申し出るように公告しますが、誰も申し出る者がいない場合は、相続財産の清算手続に入ります。