財産と債務を同時に贈与する、一定の給付義務を負わせる贈与のことです。

例えば、不動産を贈与するので、借金を負担させるなどがそうです。

課税については、贈与財産から負担額を差し引き引いたものが対象になります。

宅地の負担付贈与については、通常の取引価額で評価されます。

かりに受贈者(財産を贈与される者)が負担を履行しない場合は、贈与者が負担付贈与契約を解除することができます。