相続放棄や限定承認をする期間は、自己の相続開始があったときから3か月です。

この3か月ですが、自己のための相続開始があったことを知ったときから進行しますので、被相続人の死亡を知らなかった場合などには進行しません。

したがって、3か月経過後でも相続放棄ができます。

また、3か月を経過した後に、被相続人が債務超過であったことが判明した場合などには、相続放棄が認められる傾向にあります。

悪質な業者の中には、3か月経過後に借金の取り立てに来るケースもありますので、家庭裁判所に申請について相談してみましょう。