換価分割とは、相続財産の全部または一部を換価して金銭に換え、その金銭を相続人全員で分割する方法です。

相続税の課税については、各相続人が取得した金銭にではなく、相続開始時の課税評価額に対して行われます。

あまり利用されていないように思います。

各自が特定の財産を相続し、相続後にそれぞれが売却などを行う方法のほうが、遺産分割が早期に終了することから好まれるようです。

特に相続人が高齢であるとか、あまり仲が良くない場合では、早く協議を終わらせたい意向があるケースが多いです。