公正証書以外の遺言は、相続開始後に家庭裁判所で検認手続を経ないといけません。

遺言書が封筒に入っている場合は、開封も家庭裁判所で行います。

ただし、勝手に遺言が開封されても効果に影響があるわけではなく、それによって手続がされても無効にはなりません(現実的に検認されていない遺言書では、金融機関等は受け付けてくれないケースが多いです)。

無断で遺言書を開封した本人については、5万円以下の過料が課せられる可能性があります。