親権者と子が相続人となり、遺産分割を行うケースなどをいいます。

夫が亡くなって、配偶者である妻と未成年の子が相続人になると、未成年者の子供の親権者である妻は、子の法定代理はできません。

この場合、家庭裁判所に特別代理人選任を申し立てて、特別代理人が未成年の子供を代理して遺産分割を行います。

同様に、後見人と被後見人の利害が対立する場合にも利益相反となり、特別代理人の選任が必要です。

特別代理人には、多くの場合は弁護士が選任されています。

なお、特別代理人になった弁護士に対しての報酬は発生します。