相続税の申告については、提携している税理士の先生にお願いしています。

ですから、詳細についてお話できません。

しかし、10か月の申告期限を過ぎると延滞になりますし、配偶者特例や小規模宅地の特例等、大きな控除を受けられなくなる可能性があります。

そのため、なるべく期限内に申告する必要があります。

もっとも、期限を過ぎても、後から払いすぎた税金を還付してもらえたり、遡って特例の適用ができる場合はあります。

相続税の物納や延納が認められる手続もありますので、詳細は税務署や専門家と相談しながら進めるとよいでしょう。