胎児については、相続については既に生まれたものとみなされ、子と同様の扱いを受けます。

法は被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、相続欠格や相続廃除によって相続権を失ったときは、その子が代襲すると定めています。

ですから、当然に胎児にも代襲相続は認められます。

実際には稀なケースだとは思いますが、法的には認められますので知識として知っておかれるとよいと思います。