退職金について考える場合は、手にした退職金が被相続人の死亡を契機として発生したかどうかで分ける必要があります。

まず、被相続人が退職金を手にしたから死亡した場合には何ら問題はなく、相続財産に含まれます。

次に、被相続人の死亡を契機に退職金が発生し受領した場合です。

この場合、判例は受給権者が定められている退職金の場合には、相続財産に含まれないとしています。

受給権者が定められていない場合は、争いがあります。

受給者固有の権利であるとする見解と、相続財産に含まれるという見解がありますので、個別のケースごとに判断していくしかないでしょう。