特別縁故者は、被相続人と一定の特別の縁故があった者で、内縁関係にあった夫や妻、被相続人の療養看護をしていた者などです。

特別縁故者は、相続人不存在が確定した後に、財産分与の請求申立を家庭裁判所に行えます。

財産分与については、家庭裁判所が一切の事情を考慮して、分与の可否・内容を決めます。

特別縁故者として認められなかった場合の相続財産は、国庫に帰属します。