贈与を用いて相続税を減らすことができます。

しかし、相続開始前3年以内の贈与については、相続税の課税価額に加算されます。

税務署は、贈与は相続財産の前渡しと考えているからです。

相続開始時期はなかなか予測できませんが、3年以上前に贈与を済ませておけば、相続税対策になります。