最高裁の判例で、預貯金は遺産分割の対象になる旨の判断が下されました。

それを受けて、相続人個別持ち分の払い戻し請求は通らなくなっています。

最近は個々の払い戻しが認められるようになっていたので、実務が180度変わった例になります。

相続手続が複雑になりましたので、遺言等の生前対策の必要性が増しました。