一般的に遺言で遺産分割方法を指定するものですが、遺産分割方法の指定を第三者に委託することもできます。

というのも、通常は遺言をする時点と相続が開始する時期は異なりますので、財産状況や家族関係に変化が起きている可能性があります。

 

その際に遺言内容が状況に合っていなければ、せっかく紛争予防のために遺言を作成したので、遺言通りに分割したばかりに、かえって争いが起きてしまったというような事態が生じます。

そのような事態を避けるために、遺産分割方法の指定を自体を第三者に委託するのです。

委託された第三者は、相続開始後に遺産分割方法を指定します。

この指定について、相続人は従わなければいけません。