遺産分割の方法として、例えば不動産や動産を金銭に換えてから分割する方法があります。

金銭に換えたほうが分けやすいし、承継する相続人もその後の利用が容易です。

しかし、不動産にもよりますが、売却には時間がかかります

絵画などの動産にしても、いつ売れるかわかりませんので、遺産分割協議が進まなくなります。

また、売却交渉になった際に、売却金額について皆の意見がまとまらないと、売るに売れなくなります。

時間がかかり過ぎると、相続人の内でお亡くなりになったり、判断能力が低下される方が出てきます。

できれば、現物分割ですっきりと終わらせたほうが、手続が複雑になる可能性が低いです。