遺留分を主張されないようにしたいというご希望は多いものです。

たしかに、遺留分は生前に放棄できます

この点、相続放棄が生前にはできないのとは異なります。

しかし、遺留分放棄は遺留分権者を説得し、家庭裁判所に申し立てて手続をするように促さなければなりません。

さらに、申立を認めるかどうかを判断するのは、家庭裁判所です。

 

そのため、遺留分権者が手続等を渋ることも多いですから、他の方法を取ることが多いです。