契約ルールなど民法改正へ

今の国会で、民法改正について成立する見通しです。

内容としては、

  1. 消滅時効期間を一律5年とする
  2. 法定利率を3%にする(現在は5年)
  3. 消費者に不利な契約は無効とする
  4. 敷金は原則返還義務あり、経年劣化は家主の負担
  5. 判断能力のない人の契約行為は無効

など、契約ルールの大幅改正になります。

実に明治以来の改正です。

時代に合わせた法に、ようやくなりますね。

あとは、判例で運用されていた部分を明文化しています。