遺産分割には、期限はありません。

そのため、相続開始後に10年、20年経っても土地の名義変更を終えていなかったり、預貯金口座がそのままになっていたりするケースがあります。

特に名義を変えてなくても困らない方々であれば、必要性を感じないでしょう。

しかし、相続税がかかる場合や遺産の中に大きな借金がある場合には、10か月の申告期限や3か月以内に相続放棄をしなければならない等の定めがありますので、注意が必要です。

相続税については、原則として10か月の申告期限を守らなければ、税額控除の特例が受けられなくなる場合があります。

また、債務を承継せずに相続放棄や限定承認を選択したい場合も、3か月の期限を守る必要があります。