相続対策で生前贈与を使用することは多いです。

たしかに、生前贈与をすれば

相続財産を減少させられる

②代償分割の資金準備ができ、事業承継などに便利

③若い世代に財産移転できる

等のメリットがあります。

 

しかし、注意が必要な点があります。

贈与契約書を残す

②財産を受け取る側が、自己の口座・印鑑できちんと管理する(実際の管理が贈与者ではいけない)

③履歴を通帳等に残す

以上が大切です。

やはり、後から税務調査が入った時に、証拠がなければ主張できませんので、何事もきちんと残すことです。