遺言者○○○○は、次のとおり遺言する。

遺言者は、所有する財産の相続分を次のように指定する。

 

妻 ○○  5分の4

長男○○ 15分の1

次男○○ 15分の1

長女○○ 15分の1

 

以下、省略

 

上記のように、相続割合を指定する遺言も作れます。

その場合でも、割合を決めた理由などを事前に相続人に周知しておくか、付言事項として記載しておくといいと思います。