遺言執行者は、遺言の執行に必要な一切の行為をする権限を有しています。

通常、遺言執行者を定めていない場合には相続人全員の合意により署名押印等の必要な手続も、遺言執行人ですべてが行えます。

遺言執行者を定めておくと、遺言者の意思を実現する役割とともに、相続手続自体がスムーズに処理できるメリットもあります。

遺言執行者の職務は、遺言内容の応じて処分を実行していくことですが、その際には、相続人に遺産の目録を渡さなければいけません。

なお、遺言執行者は複数の者を指定することができますし、遺言執行者が個々の遺産処理について代理人を定めることもできます(例:不動産処分における宅建業者や司法書士)。