事業承継には、大きく分けて同族内承継第三者への承継があります。

日本に中小企業の約95%が同族経営ですので、同族内承継が多い傾向があります。

 

しかし、近年は、第三者への承継が増加しており、約40%を占めています。

昔であれば、子供が親の会社を引き継ぐのが一般的でしたが、子供には子供の人生があるという価値観に変わってきたこと、経済情勢が不透明で親が子に継がせなくなったこと、子供が継ぎたがらなかったなどの理由で、第三者への承継が増えているようです。

 

第三者への承継には、

従業員等への承継

外部から経営者を雇用

M&A

があります。