Q 身内が危篤ですが、遺言を書いてもらうことはできますか?

まず、危篤であっても意識があり、遺言能力が認められれば、自筆証書遺言や公正証書遺言を作ることができます。

自筆できるか、公証人と打ち合わせをしている時間が残されているかどうかを、見極める必要があります。

上記が無理な場合は、一般危急時遺言を検討します。

証人3人以上が立ち会い、1人が口述して、遺言者の意思を全員に読み聞かせます。

20日以内に証人や利害関係人が家庭裁判所に請求し、確認を取る必要がありますが、表題の危篤の際などに使われる遺言方式です。