贈与は、贈与者ともらう人との契約です。

贈与者が一方的に財産分与の意思表示ができる遺贈とは、異なります。

贈与は口約束で成立しますが、口約束の場合は履行がないうちは取り消せます。

契約書を交わした後は、取り消すことができません。

贈与は相続と比べて税率が高くなるため、あまり利用されません。

遺留分を主張されたくないケースなどで、確実に財産分与を行いたい場合には利用できます。

最近では、生前贈与についての税制優遇制度もありますので、遺贈との比較をしてから利用を検討するのもよいかもしれません。