6月3日、最高裁が遺言書の真正確認で、押印の代わりに花押を書いた遺言の有効性を認めない判断を下しました。 ニュースなどで目にされた方も、多いと思います。 自筆証書遺言は、全文自署・押印が法で定められています。 やはり、法に従った形式で記載しなければ、せっかく書いた遺言も意味がなくなります。 自筆証書遺言の形式は厳格に守る必要がある旨を認識させられる判決です。